音声認識装置および音声認識プログラム

開放特許情報番号
L2012003157
開放特許情報登録日
2012/11/2
最新更新日
2012/11/2

基本情報

出願番号 特願2009-017524
出願日 2009/1/29
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2010-175765
公開日 2010/8/12
登録番号 特許第5054711号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 音声認識装置および音声認識プログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 音声認識装置および音声認識プログラム
目的 操作者が行った音声認識誤りの修正をフィードバックして、認識誤りの再発を防止することが可能な音声認識装置および音声認識プログラムを提供する。
効果 修正装置から入力された直近の単語について、言語スコアを高く設定することで、音声認識において、修正装置から入力された単語の言語スコアを高めることができる。これによって、音声認識において認識誤りが発生し、修正装置で修正された単語について、その出現確率を高めることができるため、同様の認識誤りの再発を防止することができる。
技術概要
音声認識装置1は、修正された修正単語列の単語を予め定めた単語数分だけ記憶するキャッシュ記憶手段211と、キャッシュ記憶手段211に記憶されている単語がキャッシュ記憶手段211において出現する確率値をキャッシュスコアとして算出するキャッシュスコア算出手段212と、言語モデル12aから得られる単語の出現確率値である言語スコアに、キャッシュ記憶手段211に記憶されている当該単語の出現確率値であるキャッシュスコアを加算した修正言語スコアを生成する言語スコア修正手段221と、修正言語スコアに基づいて、接続確率値が最大となる単語列を音声認識結果として言語モデル12aの中から探索する探索手段232と、を備えることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT