光制御装置

開放特許情報番号
L2012003141
開放特許情報登録日
2012/11/2
最新更新日
2012/11/2

基本情報

出願番号 特願2008-120772
出願日 2008/5/2
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2009-271264
公開日 2009/11/19
登録番号 特許第4974962号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 光制御装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 光制御装置
目的 歪み生成素子からの出力光の進行方向を歪み生成素子の全出力領域に亘って揃えることで、再生像情報がぼやけて結像されることを防止しうる光制御装置を提供する。
効果 歪み生成素子からの出力光の進行方向を記録媒体の全領域に亘って揃えることで、該出力光の波面を歪のない良好な状態とすることができる。特に、この光制御装置をホログラム再生装置として構成した場合には、再生光の進行方向を記録媒体の全領域に亘って揃えることで、再生像情報がぼやけて結像されることを防止することができ、再生時のSNRの低下を抑制することができる。
技術概要
入力される光に対して非線形な光学歪みを生じさせる歪み生成素子、該光に対し、該歪み生成素子に入力される前に、該歪み生成素子による該光学歪みを予め補償しておく第1の波面制御器、歪み生成素子から出力された光に対して波面の制御を行なう第2の波面制御器、および該歪み生成素子から出力された光の波面情報および強度分布情報を検出する光検出器を備え、光検出器により検出された光の波面情報および強度分布情報に基づき、第1および第2の波面制御器による波面の制御が行われることを特徴とする光制御装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT