音響インピーダンス及び吸音率の測定方法

開放特許情報番号
L2012003122
開放特許情報登録日
2012/11/1
最新更新日
2012/11/1

基本情報

出願番号 特願2008-082656
出願日 2008/3/27
出願人 国立大学法人 大分大学
公開番号 特開2009-236664
公開日 2009/10/15
登録番号 特許第4876287号
特許権者 国立大学法人 大分大学
発明の名称 音響インピーダンス及び吸音率の測定方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、その他
適用製品 建築材料等の各種試料の音響インピーダンス及び吸音率の測定
目的 特殊な装置や大規模な設備を必要とせず、施工状態にある材料の安定した音響インピーダンス及び吸音率を簡易に且つ精度良く測定する。
効果 建築材料などの音響インピーダンス及び吸音率が、吸音率の低い材料も含め、残響室を用いる場合より簡易に、音響管を用いる場合と異なり現場施工状態で、測定毎の差異が吸音率0.0015以内と安定して精度よく測定することができる。
材料開発のスピードアップが可能であり、コンピュータシミュレーション手法により音場を予測する場合、室の境界条件として、測定された吸音率または音響インピーダンスを与えることで、正確に音響を予測可能となり、室全体の音の制御が可能となる。
技術概要
被測定物の近傍に、所定の遠近間隔で二本の遠・近マイクロホンを設置し、この二本の遠・近マイクロホンに、拡散性を確保した音源から、上記被測定物の吸音率が0.2未満のとき近マイクロホン位置の音圧レベルが85dB以上の音波を入射させ、上記被測定物の吸音率が0.2以上0.6未満のとき近マイクロホン位置の音圧レベルが75dB以上の音波を入射させ、上記被測定物の吸音率が0.6以上のとき近マイクロホン位置の音圧レベルが65dB以上の音波を入射させ、遠・近マイクロホン間音圧の伝達関数を測定し、この測定値に基いて被測定物の音響インピーダンスと吸音率を算出することを特徴とする音響インピーダンス及び吸音率の測定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT