医薬固体分散体の製法

開放特許情報番号
L2012003113
開放特許情報登録日
2012/11/1
最新更新日
2012/11/1

基本情報

出願番号 特願2002-528204
出願日 2001/9/25
出願人 日本新薬株式会社
公開番号 WO2002/024168
公開日 2002/3/28
登録番号 特許第4997683号
特許権者 日本新薬株式会社
発明の名称 医薬固体分散体の製法
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 医薬品、機能食品
目的 医薬の溶出性や安定性等の面で優れたヒドロキシプロピルメチルセルロース(HPMC)を担体とする医薬固体分散体を2軸混練エクストルーダーにより製造する方法を提供する。
効果 本発明は、例えば、次のような効果を有する。
(1)HPMCを担体とする医薬固体分散体を2軸混練エクストルーダーにより製造するに際して、糖アルコールを配合しない場合に比べて処理温度を低く設定して実施することができる。
(2)押し出された固体分散体は、容易に粉砕することができる。
(3)かかる粉砕物は、繊維状物質を殆ど含まない。そのため、混合工程や篩過工程といった製剤化工程においては、偏析を少なくすることができ、打錠工程やカプセル充填工程においては、一定充填を行うことができる(重量偏差が少ない)。
技術概要
 
HPMCを担体とする医薬固体分散体を2軸混練エクストルーダーにより製造するに際して、糖アルコールを処理原料の一つに加えて2軸混練エクストルーダーにより混練・押し出し・粉砕処理することを特徴とする、非繊維状の医薬固体分散体の製法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 要相談

アピール情報

アピール内容 HPMCを担体とする医薬固体分散体を効率よく製造することかできる。

登録者情報

登録者名称 日本新薬株式会社

その他の情報

海外登録国 欧州特許庁
関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT