形状記憶素子

開放特許情報番号
L2012003086
開放特許情報登録日
2012/10/24
最新更新日
2012/10/24

基本情報

出願番号 特願2004-107404
出願日 2004/3/31
出願人 学校法人 芝浦工業大学
公開番号 特開2005-289882
公開日 2005/10/20
登録番号 特許第4547558号
特許権者 学校法人 芝浦工業大学
発明の名称 形状記憶素子
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 形状記憶素子
目的 形状記憶をナノスケールに縮小し1分子単位でその形状を記憶させることが可能な形状記憶素子を提供する。
効果 従来の金属材料、ポリマー材料によるミリ単位の形状記憶に替え、ポリマーのらせん構造という1分子単位の形状記憶が可能となる形状記憶素子を得ることができる。
本発明の形状記憶素子をアクチュエータとして応用した場合には、極めて微小な動きを制御可能となる。
廃棄の際の環境に与える弊害が極めて少ないため、特別な廃棄設備等を必要としない。その結果、形状記憶素子の廃棄コストを低くすることができる。
技術概要
らせん構造を形成し得るポリペプチドからなるポリマーと、ポリマーに結合されたシクロデキストリンと、
シクロデキストリンに対して親和性を有し、シクロデキストリンが結合された位置と異なる位置でポリマーに結合された親和性化合物とを含み、
シクロデキストリンと親和性化合物が、ポリマーのらせん軸を有する仮想的に示す平面に対して同一側にあり、シクロデキストリン内に前記親和性化合物が包摂されることにより、ポリペプチドを構成するアミノ酸の4n(nは2以上の整数)個の間に形成されるブリッジが、ポリマーのらせん構造を固定することを特徴とする形状記憶素子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT