撮像装置及びそのプログラム

開放特許情報番号
L2012003072
開放特許情報登録日
2012/10/23
最新更新日
2012/10/23

基本情報

出願番号 特願2005-286232
出願日 2005/9/30
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2007-097033
公開日 2007/4/12
登録番号 特許第4742242号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 撮像装置及びそのプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 撮像装置及びそのプログラム
目的 動画撮影時や被写体のスルー画像表示時のフレームレートを向上させ、且つ、AF処理時の性能を高めることができる撮像装置及びそのプログラムを提供する。
効果 静止画撮影可能な撮像装置において、AF処理時間を短縮させつつ、AF処理中に被写体全体のスルー画像を表示することができ、且つ、非AF処理中の撮影待機時にはフレームレートの高いスルー画像を得ることができる。
技術概要
スルー画像表示時においては、両方のCCDに蓄積された画像データが交互に読み出されるようにCCD9及びCCD10をスルー画像表示に適した制御により駆動させ(S1)、CCD9及びCCD10から出力される画像データを交互に表示部20に表示させる(S2)。AF処理時は、一方のCCDをAF処理に適した制御により駆動に切り替え、該CCDを用いてAF処理を行うとともに(S4)、他方のCCDで撮像された画像データをスルー画像表示させる(S5)。静止画撮影処理時は、一方のCCDを静止画撮影に適した制御により駆動させて静止画撮影処理を行うとともに(S10)、他方のCCDで撮像された画像データをスルー画像表示させる(S11)。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 2つのCCDを備え、撮影待機時には両方のCCDを用いてスルー画像表示を行い、AF時には一方のCCDでAFを行うと共に他方のCCDでスルー画像表示を行い、撮影時には@一方のCCDで静止画撮影を行うと共に他方のCCDでスルー画像表示を行うか、又は、A両方のCCDを用いて静止画撮影を行う。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT