撮像装置

開放特許情報番号
L2012003070
開放特許情報登録日
2012/10/23
最新更新日
2012/10/23

基本情報

出願番号 特願2005-171696
出願日 2005/6/10
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2006-345458
公開日 2006/12/21
登録番号 特許第4784161号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 撮像装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 撮像装置
目的 高画質の撮影画像がより短い撮影時間で得られる撮像装置を提供する。
効果 高画質の撮影画像がより短い撮影時間で得られる撮像装置を提供することができる。
技術概要
非遮光状態で複数の撮像を行う場合、CPU111は、メモリ112に格納された補正データD、そのデータDが得られた撮像条件、及び温度センサ117により検出された環境温度を考慮して、露光時間、DAC120に出力すべき値を決定する。その値をDAC120に出力することにより、加算回路102を用いて撮像素子101から出力される撮像信号からノイズ分の除去を行う。また、補正データ算出部113に必要なデータを出力することにより、加算器106を用いて撮像データから除去すべきノイズ分を除去させる。その結果、加算回路102、及び加算器106により2段階でノイズ分が除去された後の撮像データが加算されて、1枚分の撮像画像が生成される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 低照度な被写体を撮影する場合に、複数回の被写体の撮像を行なって取得した画像データを重ね合わせて1枚の画像を取得する撮像装置において、被写体の撮影時の前記撮像素子のオプティカルブラック部からのデータ平均値から、被写体撮影前の遮光状態での撮影により取得したノイズの平均値から最小値を引いた調整値を減算したオフセット値で減算し、暗電流ノイズを補正する。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT