測距装置及び測距方法

開放特許情報番号
L2012003065
開放特許情報登録日
2012/10/23
最新更新日
2012/10/23

基本情報

出願番号 特願2005-279454
出願日 2005/9/27
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2007-093245
公開日 2007/4/12
登録番号 特許第4169026号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 測距装置及び測距方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 測距装置及び測距方法
目的 1つの位相差センサを用いて測定対象に対する多点測距を実現でき、形状変化の固体差による測定誤差を軽減して精度の高い測定を行うことのできる測距装置及び測距方法を提供する。
効果 1つの位相差センサを用いて測定対象に対する多点測距を実現でき、形状変化の個体差による測定誤差を軽減して精度の高い測定を行うことができる。
技術概要
一対の光受信部が一列に配列されてなる位相差センサと、一対の光受信部を測定対象に向けて位相差センサを支持し、一対の光受信部の配列方向と直交する方向に位相差センサを動かす駆動機構と、位相差センサを所定の位置に設定した状態で、一対の光受信部の中心部以外の部分を用いたマルチ測距により測定対象までの距離を少なくとも2箇所以上一対の光受信部の配列方向に測定すると共に、駆動機構を介して位相差センサを駆動した状態で、一対の光受信部の中心部を用いたセンタ測距により測定対象までの距離を少なくとも1箇所以上駆動機構の駆動方向に測定する測距処理手段とを具備したことを特徴とする測距装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 1対の光検出部が1列に配列された位相差センサを備えるプロジェクタにおいて、測定対象までの距離をセンサ配列方向にマルチ測距すると共に、センサ配列方向と直交する方向に駆動させてセンタ測距することにより、測定対象までの少なくとも3点の多点測距を為す。装置クレームに、測距方法、プロジェクタ、カメラのクレームがある。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT