データ転送装置及び撮像装置

開放特許情報番号
L2012003049
開放特許情報登録日
2012/10/23
最新更新日
2012/10/23

基本情報

出願番号 特願2005-050682
出願日 2005/2/25
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2006-236059
公開日 2006/9/7
登録番号 特許第4792766号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 データ転送装置及び撮像装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 データ転送装置及び撮像装置
目的 バストラフィックの状態に応じた最適なクロック周波数の値でDMA転送を行わせることにより無駄な消費電力を防止し得るデータ転送装置及び撮像装置を提供する。
効果 ソフトウエア処理によりバストラフィックの状態に適合するクロック周波数の値への切り換えるが可能となるので、デジタルカメラや携帯電話に搭載したカメラ等の撮像装置の性能を損なうことなく消費電力を低減することが可能となる。
技術概要
データバスを備えたDMA転送部を共有する複数の回路間でのデータの転送制御を行うDMAバス制御手段と、DMA転送部におけるクロック周波数を制御するクロック制御手段とを有前記クロック制御手段が、各回路間での前記データ転送に必要な単位時間当たりのクロック数を設定するクロック数設定手段と、このクロック数設定手段によって設定された各回路間でのロック数の合計値に基づいて前記DMA転送部におけるデータ転送のクロック周波数を設定するクロック周波数設定手段とを備えており、DMA転送を最小限の周波数で行わせることが出来る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 DMA転送の起動ごとにデータ転送装置の動作状態に応じた最適なクロック周波数の値でDMA転送を行わせる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT