電子機器

開放特許情報番号
L2012003047
開放特許情報登録日
2012/10/23
最新更新日
2012/10/23

基本情報

出願番号 特願2009-213323
出願日 2009/9/15
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2011-066065
公開日 2011/3/31
登録番号 特許第4807601号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 電子機器
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 静電センサを用いた入力手段を備えた電子機器
目的 静電センサによる入力手段を有する電子機器において、その静電センサ用のパッドを含むフレキシブル基板を用いて静電気対策及び不要輻射ノイズ対策を可能にするとともに、回路基板等を組み込むことが容易にできる電子機器を提供する。
効果 静電センサによる入力手段を有する電子機器において、その静電センサ用のパッドを含むフレキシブル基板を用いて静電気対策及び不要輻射ノイズ対策を可能にするとともに、回路基板等を組み込むことが容易にできる電子機器を提供することができる。
本実施例の電子機器1は、ボタンレスにして、しかも外装ケースの材料を樹脂にすることにより、外装デザインの自由度を向上させることができる。特に、デジタルカメラやその他の携帯可能な小型の電子機器において、全体的デザインを多様に改良して製品価値を高めることができる。
技術概要
静電センサによる入力手段を有する電子機器であって、樹脂製のフロントケースとリアケースを備え、前記フロントケースとリアケースとの間に収納されて該フロントケース又はリアケースの一方に固定され、当該電子機器の基準接地電位を形成する板状の金属製支持体と、前記金属製支持体に固定される回路基板と、前記フロントケースとリアケースの内面に各々密着されて配置される2枚のフレキシブル基板であって、その一方は静電センサ用パッドと配線部並びに前記金属製支持体に電気的に接続されたシールド層を有し、他方は前記シールド層と同様のシールド層を少なくとも有する前面用フレキシブル基板と背面用フレキシブル基板と、を有することを特徴とする電子機器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 静電センサによる入力手段を有する電子機器であって、樹脂製のフロントケース及びリアケースのうちの何れか一方の内面には、静電センサ用パッドと配線部並びにシールド層を有するフレキシブル基板を配置し、他方の内面には、少なくともシールド層を有するフレキシブル基板を配置する。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT