ズーム装置、及びズーム制御方法、ズーム制御プログラム

開放特許情報番号
L2012003034
開放特許情報登録日
2012/10/23
最新更新日
2012/10/23

基本情報

出願番号 特願2006-293568
出願日 2006/10/30
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2008-113109
公開日 2008/5/15
登録番号 特許第4821561号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 ズーム装置、及びズーム制御方法、ズーム制御プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 デジタルカメラ等の撮像装置に用いて好適なズーム装置、及びズーム制御方法、ズーム制御プログラム
目的 光学ズーム倍率とデジタルズーム倍率とからなる混合ズーム倍率を変化させる際、光学ズーム倍率の切り替え時点においても混合ズーム倍率を連続的に変化させることが可能となるズーム装置、ズーム制御方法と、それらの実現に使用されるズーム制御プログラムを提供する。
効果 混合ズーム倍率を変化させる際、光学ズーム倍率の切り替え時点においても混合ズーム倍率を連続的に変化させることが可能となる。
技術概要
光学ズーム機能による光学ズーム倍率を第1の倍率間隔で所定のズーム倍率に制御する光学ズーム制御手段と、電子ズーム機能による電子ズーム倍率を前記第1の倍率間隔よりも狭い所定の倍率間隔で所定のズーム倍率に制御する電子ズーム設定手段と、前記光学ズーム倍率と前記電子ズーム倍率との組み合わせにより得られる混合ズーム倍率の変更を指示する混合ズーム倍率変更指示手段と、この混合ズーム倍率変更指示手段による混合ズーム倍率の変更指示に応じ、混合ズーム倍率を前記第1の倍率間隔よりも狭い第2の倍率間隔で制御する混合ズーム制御手段とを備え、前記混合ズーム制御手段は、前記混合ズーム倍率変更指示手段による混合ズーム倍率の変更指示が混合ズーム倍率の増加方向の変更指示であるとともに、電子ズーム倍率を前記所定の倍率間隔で増加させた場合の電子ズーム倍率が所定倍率以上となる第1のポイントで行われたとき、前記光学ズーム倍率を増加させるとともに前記電子ズーム倍率を徐々に減少させることによって、混合ズーム倍率を第2の倍率間隔で徐々に変化させる第1のズーム変更手段を含むことを特徴とするズーム装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 光学ズームと電子ズームを組み合わせて、光学ズーム単体によるズーム制御より多段階な混合ズーム制御を行う。具体的には、光学ズームの動作中に、電子ズームを光学ズームと逆方向のズーム動作を行なうことによって実現する。他に特徴の異なる実施例2つ、サブのポイントも多数あり。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT