記録装置

開放特許情報番号
L2012003023
開放特許情報登録日
2012/10/23
最新更新日
2012/10/23

基本情報

出願番号 特願2006-076507
出願日 2006/3/20
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2007-258761
公開日 2007/10/4
登録番号 特許第4793041号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 記録装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 画像を撮像素子に記録する記録装置
目的 撮像素子を移動させて手振れ補正を行って且つ消費電力の低減を図り得る記録装置を提供する。
効果 移動した撮像素子を駆動手段への弱通電で指定位置に停止させ、或いは移動した撮像素子を駆動手段に通電することなく摩擦力の作用で指定位置に停止させるので、消費電力の低減を図ることができる。
技術概要
撮像素子を有し、該撮像素子に画像を記録する記録装置であって、前記撮像素子を載置する載置台と、該載置台を移動自在に支持しその移動するときに外力に抗する摩擦力を発生する摩擦部材を備えた支持手段と、前記載置台を印加エネルギーに応じて前記支持手段上で移動させる駆動手段と、装置本体又は装置本体の一部の振動を検知する検知手段と、該検知手段の検知に基づき前記駆動手段の動作量を決定する駆動制御手段と、前記載置台の移動量を検知する移動量検知手段と、を有し、前記駆動制御手段は、前記移動量検知手段により前記載置台が所定量移動したことが検知されたことに基づき、前記駆動手段への印加エネルギーを小さく設定し、
前記支持手段は、前記駆動手段への印加エネルギーが小さく設定された状態では前記外力に抗する摩擦力によって前記載置台を停止した状態で支持することを特徴とする記録装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 手ぶれ補正のためにCCDを移動させ移動後で撮影前に駆動手段への印加エネルギーを小さく設定し、CCDは摩擦力により支持部材上に固定することにより、省エネ化を図る(請求項1)。また、駆動手段の駆動が停止された状態では外力に抗する摩擦力によって載置台を停止した状態で支持する(請求項3)。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT