撮像装置、自動焦点調整方法、およびプログラム

開放特許情報番号
L2012003022
開放特許情報登録日
2012/10/23
最新更新日
2012/10/23

基本情報

出願番号 特願2006-076382
出願日 2006/3/20
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2007-249132
公開日 2007/9/27
登録番号 特許第4839908号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 撮像装置、自動焦点調整方法、およびプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 撮像装置の視野内の被写体を認識し被写体の動きに追従して合焦する自動合焦技術
目的 撮像装置の視野内の被写体を認識し、コントラスト方式AFとは異なるAF方式によりフォーカスレンズを移動することによりカメラを被写体の動きに追従して合焦させることのできる撮像装置、被写体認識による自動焦点調整方法、およびプログラム記録媒体の提供を目的とする。
効果 動画撮像時に被写体の動きに追従したシャープな映像の撮像ができる。
本発明の自動焦点調整方法は、動画撮像時に被写体の動きに追従したシャープな映像の撮像を可能とする。
技術概要
被写体61の顔の縦サイズや身長を検出し、CCDの撮像範囲60における被写体の縦方向の高さとレンズ焦点距離fから被写体距離を推計し、この被写体距離に対応する位置にフォーカスレンズを移動させることにより動画撮像時に被写体61の動きに追従したシャープな映像の撮像を可能とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 動画撮像準備時にスルー表示される画像中に被写体サイズ検出用の指標を表示し、その大きさを変化させて合焦対象とする被写体を枠内収めるようにしたあと被写体までの距離を1回だけ測定し、その被写体の撮像範囲における高さを検出してカメラと被写体との推計距離を得てフォーカスレンズを移動させるので、コントラスト方式のオートフォーカスの場合のようにレンズ位置を合焦位置に収斂させるためのレンズ走査を必要とせず、動画撮像中にピントがふらつくようなことが生じない。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT