カラーホイール装置及び投影装置

開放特許情報番号
L2012003014
開放特許情報登録日
2012/10/23
最新更新日
2012/10/23

基本情報

出願番号 特願2005-106501
出願日 2005/4/1
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2006-285029
公開日 2006/10/19
登録番号 特許第4792790号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 カラーホイール装置及び投影装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 投影装置
目的 光源ランプからの光がカラーホイールで反射して光源ランプに熱的影響を与えることなく、且つカラーホイールを構成するカラーフィルタの各色成分毎の傾斜に依存する分光透過率の違いから表示品質が劣化してしまうのを確実に回避することが可能な回転式カラーフィルタ及びこれを用いた投影装置を提供する。
効果 高速回転するカラーホイールカラーで発生される騒音を低減できる。
さらに、高速回転するカラーホイールの回転バランスをとることで、振動や騒音の発生を抑えることができる。
技術概要
円周に沿った分割領域に配置される複数の色成分のカラーフィルタを選択的に光路中に挿入し、透過光を時分割で着色するカラーホイール装置において、
同一色成分毎にそれぞれ偶数のカラーフィルタを円周に沿って配置し、少なくとも一つの色成分のカラーフィルタの半数を透過光軸に対して一定の方向に傾斜させ、残る半数を上記一定の方向とは反対の方向に同角度で傾斜させ、上記複数の色成分中、通過周波数帯域が最も低い色成分のカラーフィルタは透過光軸に対して傾斜させず、垂直となるように設けることを特徴とするカラーホイール装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 プロジェクタのカラーホイールの構造であって、RGB毎にそれぞれ偶数、例えば2枚ずつのカラーフィルタを円周上に配置し、光軸に対して半分のカラーフィルタを一定の方向に傾斜させ、残るカラーフィルタを上記一定の方向とは反対の方向に同角度で傾斜させるカラーホイル構造。通過周波数帯域が最も低い色成分のカラーフィルタは透過光軸に対し傾斜しないで垂直に設ける。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT