脈拍測定装置及び脈拍測定回路

開放特許情報番号
L2012003007
開放特許情報登録日
2012/10/23
最新更新日
2012/10/23

基本情報

出願番号 特願2005-018473
出願日 2005/1/26
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2006-204436
公開日 2006/8/10
登録番号 特許第4760025号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 脈拍測定装置及び脈拍測定回路
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 脈拍測定装置及び脈拍測定回路
目的 脈拍検出部を有する脈拍センサの身体の装着に対する変更を使用者に促すことのできる脈拍測定装置及び脈拍測定回路を提供する。
効果 第1のデジタル変換手段によって変換されたデジタル信号と、第2のデジタル変換手段によって変換されたデジタル信号とに基づいて、脈拍センサの装着状態を判定し、判定した結果に基づいて脈拍センサの装着状態の変更を促すための報知を行うことができる。このため、この報知を通じて、使用者自身によって脈拍センサを装着し直すこと等により、脈拍測定を正確に行うことが可能となる。
技術概要
脈拍センサを身体に装着して脈拍を測定する脈拍測定装置において、受光素子PDで受光した信号をサンプルホールドSHしてデジタル信号P1に変換して出力する。また、前記サンプルホールドSHした信号からノイズを除去しデジタル信号P2に変換して出力する。このデジタル信号P1とデジタル信号P2とに基づいて前記脈拍センサの装着状態に変更が生じたか否かを判定して報知を行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 脈拍センサを身体に装着して脈拍を測定する脈拍測定装置において、受光素子で受光した信号をサンプルホールドしてデジタル信号に変換して出力する一方で、サンプルホールドした信号からノイズを除去しデジタル信号に変換して出力し、これら2つのデジタル信号に基づいて脈拍センサの装着状態に変更が生じたか否かを判定して報知を行う。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT