撮影装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2012002999
開放特許情報登録日
2012/10/23
最新更新日
2012/10/23

基本情報

出願番号 特願2004-283900
出願日 2004/9/29
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2006-101111
公開日 2006/4/13
登録番号 特許第4461987号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 撮影装置及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 撮影装置及びそのプログラム
目的 撮影が予定された撮影対象の撮影を効率的に、確実に行えるように支援する機能を備えた撮影装置を提供する。
効果 撮影者は、撮影が予定された撮影対象が撮影順に撮影されたか否かを確認しながら撮影を行うことができるので、撮影が予定された撮影対象の撮影を効率的に、確実に行うことができるようになる。
撮影が予定された撮影対象のうち、撮影された撮影対象の名称を確認することが可能となる。
撮影画像にその撮影画像に含まれる撮影対象の情報を併せて出力するといったことが容易に可能となる。
技術概要
撮影が予定された撮影対象の照合用画像及びその撮影対象に関する撮影対象情報を含む撮影計画情報、撮影対象を撮影する撮影順番の情報を記憶する撮影計画情報記憶手段と、被写体を撮影して撮影画像を取得する撮影手段と、前記撮影手段により撮影された撮影画像を前記撮影計画情報記憶手段に記憶された照合用画像と照合し、前記照合用画像が前記撮影画像に含まれているか否かを判断する画像照合手段と、前記画像照合手段による照合結果に基づいて、撮影順を飛び越して撮影が行われたか否かを判断する撮影順チェック手段と、前記画像照合手段の照合結果を表示手段へ表示させると共に、前記撮影順チェック手段で撮影順を飛び越して撮影が行われた場合に、その旨のガイダンスを表示手段に表示させる表示制御手段とを備えたことを特徴とする撮影装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 撮影が予定された撮影対象の照合用画像、撮影順番等の情報を記憶し、撮影された撮影画像と照合用画像を照合し、撮影順を飛び越して撮影が行われたか否かを判断し、その旨のガイダンスを表示する。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT