魚類由来の加水分解物を用いた動物細胞培養用培地

開放特許情報番号
L2012002945
開放特許情報登録日
2012/10/12
最新更新日
2012/10/12

基本情報

出願番号 特願2000-552254
出願日 1999/6/1
出願人 中外製薬株式会社
公開番号 WO1999/063058
公開日 1999/12/9
登録番号 特許第3510858号
特許権者 中外製薬株式会社
発明の名称 動物細胞培養用培地およびそれを使用してタンパク質を製造する方法
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ
機能 その他
適用製品 動物細胞培養用培地、医薬品等
目的 哺乳動物由来の成分を含まない動物細胞培養用培地及びそれを使用してタンパク質を製造する方法を提供する。
効果 本発明の動物細胞培養用培地は、牛胎児血清等の高価で品質のばらつきが大きいタンパク質を使用することなく、安定的に動物細胞を培養することが可能で、また異常プリオンあるいはウィルス等による汚染の危険性は除去され、安全なバイオ医薬品を製造することができる。
技術概要
 
動物細胞を培養して所望のタンパク質を製造するための培地であって、魚肉の酵素分解物及び/又は魚肉抽出物を含み、哺乳動物由来の成分を含まないことを特徴とする動物細胞培養用培地。
実施実績 【有】  Hy−Fish(登録商標)の名称で実施中。
許諾実績 【有】  本発明にかかる製品の販売について他者に実施権を許諾中。
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 動物細胞培養用培地・Hy-Fishの使用に関する範囲内で非独占。詳細な条件は別途協議させていただきます。

アピール情報

アピール内容 本発明に基づき実施された製品、Hy-Fish(TM)はカツオの加水分解物であり、CHO細胞用の培地添加物として極めて有用であることが実証されている。また魚類由来であるため、哺乳動物(ウシ、ブタ等)の加水分解物のようなBSE等のバイオリスクはなく、バイオ医薬品の製造用原料としても使用可能な、有効性・安全性にとても優れた製品である。

登録者情報

登録者名称 中外製薬株式会社

その他の情報

海外登録国 アメリカ合衆国
関連特許
国内 【有】
国外 【有】  アメリカ合衆国、ヨーロッパ、中華人民共和国
Copyright © 2017 INPIT