効率的なタンパク質製造方法

開放特許情報番号
L2012002939
開放特許情報登録日
2012/10/11
最新更新日
2012/10/11

基本情報

出願番号 特願2008-510979
出願日 2007/4/12
出願人 中外製薬株式会社
公開番号 WO2007/119774
公開日 2007/10/25
登録番号 特許第4977691号
特許権者 中外製薬株式会社
発明の名称 タウリントランスポーター遺伝子
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ
機能 その他
適用製品 医薬品等
目的 安価に天然型タンパク質又は組換えタンパク質を生産することができる方法
を提供することを目的とする。
効果 タウリントランスポーター遺伝子の強制発現によって細胞内の代謝経路のバランスを生存率維持に有利な方向にシフトさせて、所望のタンパク質の高発現を誘導できる。
技術概要
 
タウリントランスポーターをコードするDNAが導入された、当該タウリントランスポーターを発現しているチャイニーズハムスター卵巣細胞であって、かつ所望のポリペプチドをコードするDNAが導入された当該細胞を、培養することによって、当該所望のポリペプチドを産生させることを含む、当該所望のポリペプチドの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 条件については別途協議させていただきます。

アピール情報

アピール内容 我々のTAUT-Overexpressing Cell Engineering (TOCE)は、TAUT遺伝子の強制発現によって細胞内の代謝経路のバランスを生存率維持に有利な方向にシフトさせて蛋白の高発現を誘導する手法である。我々が樹立した高産生能(>100 pg/cell/day)をもつ改変CHO細胞は、1カ月にわたって抗体を産生し続けた(8.1g/L/31 days)。また、改変細胞が産生する抗体の物性に問題はなかった。

登録者情報

登録者名称 中外製薬株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】  アメリカ合衆国、ヨーロッパ、中華人民共和国
Copyright © 2017 INPIT