澱粉含有焼成食品の製造方法

開放特許情報番号
L2012002903
開放特許情報登録日
2012/10/10
最新更新日
2015/6/18

基本情報

出願番号 特願2010-094289
出願日 2010/4/15
出願人 国立大学法人広島大学
公開番号 特開2011-223894
公開日 2011/11/10
登録番号 特許第5733489号
特許権者 国立大学法人広島大学
発明の名称 澱粉含有焼成食品の製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 澱粉含有焼成食品の製造方法
目的 耐熱性を有する難消化性澱粉を添加することなく、低コストで製造可能な難消化性澱粉を含有する澱粉含有焼成食品の製造方法を提供する。
効果 製造した生地を脱水した後に焼成している。生地の含水率を低くすることで難消化性澱粉であるアミロペクチン結晶が融解しにくくなる。このため、焼成時に生地に含まれているアミロペクチン結晶の非晶質化を防ぐことができ、難消化性澱粉として作用するアミロペクチン結晶を含有する澱粉含有焼成食品を得ることができる。
様々な難消化性澱粉を含有する食品の製造に利用可能であり、特に、クッキーやビスケット、クラッカーなどの低水分澱粉含有焼成食品の製造への利用が期待される。
技術概要
澱粉を含有する素材を用いて所定形状の生地を作る生地製造工程と、前記生地を脱水して前記生地の水分含有量を低下させる脱水工程と、脱水した前記生地を焼成する焼成工程と、を具備する。生地の含水率を低くすることで難消化性澱粉として作用するアミロペクチン結晶が融解しにくくなる。このため、焼成時に生地に含まれているアミロペクチン結晶の非晶質化を防ぐことができ、難消化性澱粉を含有する澱粉含有焼成食品を得ることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT