映像信号処理装置、その方法及びそのプログラム

開放特許情報番号
L2012002873
開放特許情報登録日
2012/10/4
最新更新日
2012/10/4

基本情報

出願番号 特願2007-259855
出願日 2007/10/3
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2009-089319
公開日 2009/4/23
登録番号 特許第4989401号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 映像信号処理装置、その方法及びそのプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 CIECAM02等のカラーアピアランスモデルを用いて色信号を変換する映像信号処理装置、その方法及びそのプログラム
目的 演算時間が短く、簡易な構成で、CIECAM02モデルと略等しい色変換処理を可能とする映像信号処理装置、その方法及びそのプログラムを提供する。
効果 計算量の少ないCIECAM02近似式を用いるために、演算時間が短く、簡易な構成で、CIECAM02モデルと略等しい色変換処理を行うことが可能となる。また、RGB信号が入力可能であると共にRGB信号を出力するために、ディスプレイ、ビデオやカメラ等の幅広い機器に対応でき、汎用性を高くすることができる。
技術概要
RGB色空間で表現された色変換前視覚RGB信号を人間の視覚感度に沿った色信号に変換する映像信号処理装置において、前記色変換前視覚RGB信号を、CIECAM02近似式としての式(1)によって、RGB色空間で表現された色変換後視覚RGB信号に変換するCIECAM02近似変換手段、を備えることを特徴とする映像信号処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT