画像表示装置

開放特許情報番号
L2012002850
開放特許情報登録日
2012/10/4
最新更新日
2012/10/4

基本情報

出願番号 特願2007-071096
出願日 2007/3/19
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-102481
公開日 2008/5/1
登録番号 特許第4996295号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 画像表示装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 画像表示装置
目的 4以上の原色変調光を正確に合成することを可能とする一体型の画像光合成素子を備える画像表示装置を提供する。
効果 原色変調光を画像光に合成する一体型の画像光合成手段を設けることにより、1台の装置で4以上の原色変調光を正確に合成することができるという効果を有する画像表示装置を提供することができるものである。
技術概要
N(≧4)の原色光を発光する原色光発光手段11と、原色光を画像信号に応じて変調して原色変調光を生成する原色変調光生成手段12と、原色変調光を画像光に合成する一体型の画像光合成手段13と、画像光を投射する画像光投射手段14とを含み、画像光合成手段13が、画像光を一方の正方形端面である出射面から出射する四角柱状の画像光路と、画像光路の側面、または、画像光路の側面および画像光路の他方の端面から延伸し、それぞれが1の原色変調光を伝播するN本の原色変調光路と、画像光路中に形成され、画像光路の側面から延伸する原色変調光路を伝播した原色変調光を出射面の方向に反射するダイクロイックミラーとを含む。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT