MIMO受信装置

開放特許情報番号
L2012002835
開放特許情報登録日
2012/10/4
最新更新日
2012/10/4

基本情報

出願番号 特願2006-131551
出願日 2006/5/10
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2006-345500
公開日 2006/12/21
登録番号 特許第5013743号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 MIMO受信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 デジタル信号の無線伝送技術
目的 各受信ユニットにおける雑音電力が等しくない場合や、AGC回路の動作の結果各受信ユニットにおける雑音電力が等しくない場合にも、最善の性能で全ての送信信号を復調することが可能な受信装置を提供する。
効果 MIMO通信を行う無線通信の受信装置において、各受信部で使用される前置増幅器などのNFや利得が異なることが原因で、各受信部における雑音電力が等しくない場合や、途中の伝搬路の影響を受けて信号の電力がばらつくことが原因で、各受信部で使用されるAGC回路の動作の結果、各受信部における雑音電力が等しくない場合にも、最善の性能で全ての送信信号を復調することが可能となる。
技術概要
MIMO通信を行う無線通信の受信装置は、複数のアンテナ4を含み、該アンテナ4にそれぞれ対応した2系統以上の受信ユニット5と、各受信ユニット5が受信した信号を復調する復号ユニット600とを備える。復号ユニット600は、受信信号に含まれる雑音電力を演算する雑音電力演算回路601と、前記雑音電力に基づいて、各受信信号の振幅を修正するための振幅修正情報を演算する利得修正値演算回路602と、前記振幅修正情報に基づいて各受信信号の振幅を補正する利得補正回路603とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT