送信装置、受信装置、時分割多重装置、時分割分離装置及び伝送システム

開放特許情報番号
L2012002825
開放特許情報登録日
2012/10/4
最新更新日
2012/10/4

基本情報

出願番号 特願2008-028632
出願日 2008/2/8
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2009-188874
公開日 2009/8/20
登録番号 特許第4972007号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 送信装置、受信装置、時分割多重装置、時分割分離装置及び伝送システム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 送信装置、受信装置、時分割多重装置、時分割分離装置、伝送システム
目的 HD−SDI信号の伝送システムにおいて、小型化及び低廉化を実現する。
効果 従来用いていた光源の数を減らすことができるから、全体として簡易な構成となり、伝送システムとして小型化及び低廉化を実現することができる。
技術概要
HD−SDI形式の信号を送信する送信装置において、複数のグループに区分された前記HD−SDI形式の並列信号のうち、前記グループ内の並列信号に時分割多重を施し、前記グループにおける直列信号を生成する時分割多重部を、前記グループ毎に備え、前記時分割多重部は、前記グループ内の並列信号における所定ビット長のデータに、前記HD−SDI形式の並列信号を直列信号とした場合の位置を示すサブフレームヘッダを挿入するサブフレームヘッダ挿入手段と、前記所定ビット長のデータ及びサブフレームヘッダに、誤り訂正符号を付加する誤り訂正符号手段と、前記グループ内の並列信号における所定ビット長のデータ、サブフレームヘッダ及び誤り訂正符号に時分割多重を施し、予め設定されたフレーム同期信号を含むフレームヘッダ、及び、前記所定長ビット長のデータとサブフレームヘッダと誤り訂正符号とを含むサブフレームから成るフレームを生成する時分割多重手段とを有することを特徴とする送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT