レンズ姿勢/位置調整方法および装置

開放特許情報番号
L2012002819
開放特許情報登録日
2012/10/4
最新更新日
2012/10/4

基本情報

出願番号 特願2007-317956
出願日 2007/12/10
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2009-139782
公開日 2009/6/25
登録番号 特許第4979558号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 レンズ姿勢/位置調整方法および装置
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 レンズ姿勢/位置調整方法および装置
目的 光学系内に配されたレンズの姿勢や位置を容易かつ高精度に調整して、発生する収差を大幅に抑制し得るレンズ姿勢/位置調整方法および装置を提供する。
効果 基本周波数の2倍の周波数成分の強度I↓2の逆数である1/I↓2をレンズ調整評価値として定めており、レンズ調整評価値に含まれるノイズ成分を減少させることができるので、これにより容易にかつ高精度にレンズの姿勢および位置を調整することができ、レンズ系の配置ずれによる収差を良好なものとすることができる。また、これにより、ホログラム記録再生用の光学系に適用したような場合には、ビット誤り率を改善することができる。
技術概要
前記被観察体に替えて、複数個の縞パターンを表してなる調整用治具を、光軸上に配置し、前記レンズの姿勢および位置を変化させつつ、前記調整用治具上の複数個の縞パターンの像を撮像し、該撮像された該縞パターンの像についての縞周波数を基本周波数としたとき、その基本周波数の2倍の周波数成分の強度I2の逆数である1/I2を、該縞パターンの像毎にレンズ調整評価値として求め、該縞パターンの像毎のレンズ調整評価値が所定値以上の大きさとなっているか否かの判断、および該縞パターンの像毎の該レンズ調整評価値が該所定値以上の大きさとなった場合の光軸上のレンズ姿勢またはレンズ位置が互いに所定範囲内とされているか否かの判断に基づき、前記レンズの姿勢および位置を設定するものであり、前記レンズは、前記被観察体の位置からの光束を収束せしめる第1のレンズと、この後、発散した該光束を、撮像面に照射し、該撮像面上に前記被観察体の像を形成する第2のレンズを含む、ことを特徴とするレンズ姿勢/位置調整方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT