字幕監視装置及び字幕監視プログラム

開放特許情報番号
L2012002814
開放特許情報登録日
2012/10/4
最新更新日
2012/10/4

基本情報

出願番号 特願2007-300103
出願日 2007/11/20
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2009-130411
公開日 2009/6/11
登録番号 特許第5022193号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 字幕監視装置及び字幕監視プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 字幕監視装置及びそのプログラム
目的 字幕の有無だけでなく、放送番組の内容に字幕が対応することを、人手をかけずに監視できる字幕監視装置及びそのプログラムを提供する。
効果 リアルタイムで、字幕の有無だけでなく、放送番組の内容に字幕が対応することを、人手をかけずに監視することができる。放送番組の放送前に、字幕の有無だけでなく、放送番組の内容に字幕が対応することを、人手をかけずに監視することができる。
音声認識の精度が向上するので音声テキストを正確に生成でき、字幕監視装置の監視精度を向上させることができる。警告を出力する行数を調整して警告が出力され続けるといった事態を防止できるため、字幕監視装置の監視精度を向上させることができる。
技術概要
字幕監視装置1は、放送番組信号から音声信号と字幕信号と電子番組表情報とを分離させる放送番組受信手段10と、音声信号を音声認識して音声テキストを生成する音声認識手段20と、行単位音声テキストを形態素解析する音声テキスト形態素解析手段30と、字幕信号を復号して字幕テキストを生成する字幕復号手段40と、行単位字幕テキストを形態素解析する字幕テキスト形態素解析手段50と、行単位で、行単位音声テキストと行単位字幕テキストとの一致率を算出し、その一致率に基づいて警告を出力するテキスト比較手段60と、を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT