アプリケーション送信装置、コンテンツ送信装置及びコンテンツ受信装置、並びに、アプリケーション送信プログラム、コンテンツ送信プログラム及びコンテンツ受信プログラム

開放特許情報番号
L2012002811
開放特許情報登録日
2012/10/4
最新更新日
2012/10/4

基本情報

出願番号 特願2007-265784
出願日 2007/10/11
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2009-094963
公開日 2009/4/30
登録番号 特許第5022169号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 アプリケーション送信装置、コンテンツ送信装置及びコンテンツ受信装置、並びに、アプリケーション送信プログラム、コンテンツ送信プログラム及びコンテンツ受信プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 アプリケーション送信装置、コンテンツ送信装置及びコンテンツ受信装置、アプリケーション送信プログラム、コンテンツ送信プログラム及びコンテンツ受信プログラム
目的 コンテンツ事業者がコンテンツの利用を把握することができ、コンテンツ事業者の送信設備の負荷が大きくなることなく、受信側において事業者リストを確認する処理を要することなく、コンテンツの不正利用を防ぐことができるアプリケーション送信装置、コンテンツ送信装置及びコンテンツ受信装置、並びに、アプリケーション送信プログラム、コンテンツ送信プログラム及びコンテンツ受信プログラムを提供する。
効果 アプリケーションがコンテンツを利用可能なことを示す参照制御署名により、コンテンツ事業者がコンテンツの利用を把握することができる。
参照制御署名を検証することで、コンテンツとアプリケーションとを組み合わせて再生することができるので、従来のように別途用意されたアプリケーションごとの事業者リストを確認する処理を要することなく、コンテンツの不正利用を防ぐことができる。
コンテンツを再生する際に、署名を検証する必要がないので、高速に処理することができる。
技術概要
コンテンツを送信するコンテンツ送信装置からコンテンツを受信して再生するコンテンツ受信装置に、前記コンテンツを利用するアプリケーションを送信するアプリケーション送信装置において、コンテンツを所有しているコンテンツ事業者から当該コンテンツの利用許可を得ているコンテンツ利用事業者を識別する識別子であるコンテンツ利用事業者IDと、前記アプリケーションを識別する識別子であるアプリケーションIDと、当該アプリケーション送信装置のアドレスとを少なくとも含むダウンロード制御情報を生成するダウンロード制御情報生成手段と、このダウンロード制御情報を、前記コンテンツ送信装置に送信するダウンロード制御情報送信手段と、前記アプリケーションが前記コンテンツを利用可能なことを示す参照制御署名が付与された参照制御署名付きダウンロード制御情報を、前記コンテンツ送信装置から受信する参照制御署名付きダウンロード制御情報受信手段と、この参照制御署名付きダウンロード制御情報を前記コンテンツ受信装置に送信する送信手段とを備えることを特徴とするアプリケーション送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT