β−ヒドロキシカルボニル化合物の製法

開放特許情報番号
L2012002806
開放特許情報登録日
2012/10/3
最新更新日
2015/11/12

基本情報

出願番号 特願2012-099410
出願日 2012/4/25
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2012-162563
公開日 2012/8/30
登録番号 特許第5466725号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 β−ヒドロキシカルボニル化合物の製法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 β−ヒドロキシカルボニル化合物
目的 基質一般性の問題が克服できる水中での不斉アルドール反応用の触媒を開発し、ホルムアルデヒド以外のアルデヒド化合物を反応基質として用いることのできる反応系を提供する。
効果 有機溶媒を一切用いずに水のみを溶媒として、ホルムアルデヒド以外のアルデヒド化合物を原料とする不斉アルドール反応が可能となり、高立体選択的にβ−ヒドロキシカルボニル化合物群を合成できる。その結果、有害な有機溶媒を使用しないことや副生成物が少なく廃棄物の低減化が可能なことから、環境に負荷をかけないプロセスの構築が可能となる。
また本発明の方法により生成するβ−ヒドロキシカルボニル化合物は各種化学品の合成中間体等として有用である。
技術概要
水中で添付図の式で表される配位子とスカンジウムドデシルサルフェート等のルイス酸とを混合させて得られる触媒の存在下、1−t−ブチルチオ−1−プロペニルオキシトリメチルシラン等のケイ素エノラートとホルムアルデヒド等のアルデヒド化合物とを反応させるβ−ヒドロキシカルボニル化合物の製法。
(式中、R↑1及びR↑2はイソプロピル基、t−ブチル基等を表し、R↑3及びR↑4は水素原子等を表し、X↑1及びX↑2は水酸基等を表す。)
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT