微小区画の融合と分裂を繰り返す方法

開放特許情報番号
L2012002802
開放特許情報登録日
2012/10/3
最新更新日
2015/11/12

基本情報

出願番号 特願2011-027936
出願日 2011/2/10
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2012-165673
公開日 2012/9/6
登録番号 特許第5429756号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 微小区画の融合と分裂を繰り返す方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 微小区画の融合と分裂を繰り返す方法
目的 微小区画(例えば、リポソーム)の融合と分裂を繰り返す方法を提供する。
効果 リポソームのような微小区画の融合と分裂を繰り返す方法が提供される。この融合と分裂は、交互に生じても、同時に生じてもよい。
代表的には、巨大単一膜小胞(GUV)などのリポソームを用いることができる。例えば、電気融合と、それに続く(または、それと同時の)、自発的に生じる出芽形状を生じる形態変化を利用することによって、微小区画の融合と分裂を繰り返すことが可能となった。
技術概要
リポソームなどの微小区画にポリマーを封入し、自然に微小区画が分裂する条件を見出し、電気融合などの条件と組み合わせる方法を提供することによって、解決された。自然に微小区画が分裂する条件は、代表的には、リポソームの排除体積の減少に起因する化学的ポテンシャルの減少(ΔE↓(ex))が、曲げエネルギーの獲得(ΔE↓(bend))よりも大きい条件である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT