嗅覚ディスプレイ

開放特許情報番号
L2012002771
開放特許情報登録日
2012/9/27
最新更新日
2015/8/20

基本情報

出願番号 特願2011-032981
出願日 2011/2/18
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2012-173381
公開日 2012/9/10
登録番号 特許第5126798号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 嗅覚ディスプレイ
技術分野 情報・通信、食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 嗅覚ディスプレイ
目的 圧電素子を有するダイヤフラムを利用し、風力源を用いることによって、単一の機構による時空間制御を可能した、嗅覚ディスプレイを提供する。
効果 圧電素子を有するダイヤフラムを利用した風力源を用いることによって、単一の機構による時空間制御を可能にしたので、嗅覚ディスプレイを小型化できる。
技術概要
香気室12および風力源14から構成され、時間的および空間的に限られた範囲に香りを提示する。香気室12は、吸入口24および吐出口26を有する密閉空間を形成し、その内部には固形状の香源20が収納され、風力源14は圧電素子32を貼り付けたダイヤフラム34を備え、圧電素子32に対して交番電圧が印加されるとダイヤフラム34を振動させて空気流を発生させる。香りを提示する際には、風力源14によって吸入口24から香気室12内に空気が送り込まれることにより、香源20から揮発した気体状の香り成分が含まれる香気室12内の空気が、吐出口26から噴射される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT