導電性ナノワイヤーの製造方法

開放特許情報番号
L2012002749
開放特許情報登録日
2012/9/21
最新更新日
2015/12/3

基本情報

出願番号 特願2010-274561
出願日 2010/12/9
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2011-115942
公開日 2011/6/16
登録番号 特許第5322012号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 導電性ナノワイヤーの製造方法
技術分野 機械・加工、電気・電子、金属材料
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造、その他
適用製品 ナノワイヤーや針状結晶などの分子集合体の製造方法および装置
目的 導電性ナノワイヤーなどナノスケールでの分子集合体を得ることを目的とする。
効果 ナノレベルのオーダーで制御された微小な針状結晶・ナノワイヤーを得ることができる。また、真空を用いることなく電解装置を製造することができるため、費用を大幅に削減することができる。
分子は電荷移動相互作用によって自己組織的に凝集するため、分子に相互作用性の官能基を導入することなく分子集合体・ナノワイヤーを製造することができる。
分子集合体を溶液内などの真空以外の系で成長させるため、真空を破った際に分子集合体の物性が変わるという自体を回避できる。
技術概要
具体的には、2本の電極と、電解液と前記2本の電極とを保持する電解セルとを含み、前記2本の電極の間隔が1nm〜100μmであり、前記電解セルに分子集合体を構成する分子を含む電解液を保持させ、電解液と前記2本の電極とが接触した状態で前記2本の電極に電圧を印加することにより分子集合体を製造する方法を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT