情報表示制御装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2012002704
開放特許情報登録日
2012/9/19
最新更新日
2012/9/19

基本情報

出願番号 特願2006-141523
出願日 2006/5/22
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2006-236384
公開日 2006/9/7
登録番号 特許第4232791号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 情報表示制御装置及びプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 情報表示制御装置及びプログラム
目的 検索語を構成する単語の説明情報を適切に表示する。
効果 ユーザの移動操作に応じて当該カーソルが当該入力文字列上を移動表示するとともに、その移動した現在位置に対応する部分文字列の情報個別表示領域が、他の情報個別表示領域に比べて強調表示される。
表示される情報個別表示領域は、入力文字列の文字方向に沿って、分離された部分文字列の位置順に並列に配置して表示され、ユーザの移動操作に従ったカーソルの移動方向と、当該カーソルの移動に応じた情報個別表示領域の強調表示の切り替わり順とが同方向となる。
技術概要
検索語として“Nachtpunkt”が入力された場合(a)の検索結果表示画面104の一例が(b)、(c)である。検索結果表示画面104は、2つの説明データ表示エリアE12,E14を備え、“Nachtpunkt”の構成名詞“Nacht”の説明が説明データ表示エリアE12に、構成名詞“Punkt”の説明が説明データ表示エリアE14にそれぞれ表示される。(b)は、検索語表示エリアE10における文字列“Nacht”上にカーソルCが位置する場合の画面例であり、構成名詞“Nacht”の説明データ表示エリアE12が強調表示されている。カーソルキーが操作されて、カーソルCが文字列“Punkt”上に移動されると、(c)に示すように構成名詞“Punkt”の説明データ表示エリアE14が強調表示される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 単語が組み合わされた文字列を分離して各部分の単語の見出語の訳をそれぞれ表示する。カーソルで単語の部分を指定すると対応する訳部分を強調表示。(原出願では、複合名詞等の「複合語」に限定して権利取得。本出願では、「複合語」に限定せず、文言上「熟語」等の各漢字の意味を表示する等まで広げて権利化をねらう)。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT