バンド取付構造

開放特許情報番号
L2012002689
開放特許情報登録日
2012/9/19
最新更新日
2012/9/19

基本情報

出願番号 特願2002-304610
出願日 2002/10/18
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2004-138543
公開日 2004/5/13
登録番号 特許第4151376号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 バンド取付構造
技術分野 情報・通信、生活・文化
機能 機械・部品の製造
適用製品 腕時計、腕装着型の携帯電話やページャー、電子カメラ
目的 バンドの取り付けが容易で、且つ、バンドに強い力が加わってもバンドのはずれやケースの破損を防止し得るバンド取付構造を提供する。
効果 ケース本体を覆うケースカバーとバンドとを固定部材の2カ所で取りつけるようにしているため、固定部材が幅広となり、取付部分の外方への広がりを防止でき、バンドピンのはずれを防止でき、また、固定部材はケースカバーの先端部を覆って取り付けられるため、ケースカバーをケース本体に良好に固定できるという効果を有するものである。
技術概要
ケース本体と、このケース本体に取り付けられ先端部がバンド取付部まで延出されピン挿入開孔が形成されたケースカバーと、第一のバンドピン及び第二のバンドピンと、前記第一のバンドピンが挿入されるピン取付孔と前記第二のバンドピンが挿入されるピン挿入孔が端部に設けられたバンド部材と、前記ケースカバーの前記先端部と前記バンド部材の端部とを取り付ける固定部材とを備え、前記固定部材は、前記ケースカバーの先端部と前記バンド部材の端部とを覆う平板部と、この平板部から折曲され前記ピン取付孔に挿入される前記第一のバンドピンを取り付ける第一の取付部と前記ピン挿入孔及び前記ピン挿入開孔に挿入される前記第二のバンドピンを取り付ける第二の取付部とが形成された折曲部とを具備したことを特徴とするバンド取付構造。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 バンド取付部とバンド部材とを接続する為に用いられる固定部材において、この固定部材は、ケースカバーの先端部及びバンド部材のピン取付部を覆う平板部と、この平板部から折曲されケースカバーの先端部を取り付ける第一の取付部及びピン取付部のバンドピンを取り付ける第二の取付部が形成された折曲部から成ることを特徴とするバンド取付構造。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT