画像入力装置

開放特許情報番号
L2012002688
開放特許情報登録日
2012/9/19
最新更新日
2012/9/19

基本情報

出願番号 特願2003-020077
出願日 2003/1/29
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2004-234177
公開日 2004/8/19
登録番号 特許第3972827号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 画像入力装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 画像入力装置
目的 透明回転ローラ内に光源の配置位置を確保しつつ、透明回転ローラの径を小さくすることのできる画像入力装置を提供する。
効果 レンズの光軸とプリズムの出射面からの出射光の光路が一致しているため、被写体と円筒の外周面とが接した部分の像が撮像デバイスに結像される。レンズの光軸が円筒の半径の線に対して平行であり、その半径の線からずれているから、レンズの光軸は円筒の軸心を通らず、円筒内のスペースを等分していない。そのため、円筒内のスペースは、撮像光学系の光路によって狭い部分と広い部分に分けられるから、その広い部分に光源を配置すれば、円筒内に光源の配置スペースを確保しつつ、円筒の径を小さくすることができる。
技術概要
軸心回りに回転自在に支持され、被写体が外周面に接して接線方向に移動することによって回転する円筒と、前記円筒の軸心と平行となって前記円筒内に配置された撮像デバイスと、前記円筒内に配置されるとともに、前記被写体と前記円筒の外周面とが接した部分における像を前記撮像デバイスに結像する撮像光学系と、を備え、前記撮像光学系は、入射面及び出射面を有したプリズムと、前記プリズムの出射面に対向し、前記被写体と前記円筒の外周面とが接する部分から前記円筒の軸心までを結ぶ半径の線からずれ且つその半径の線に平行な光軸を有したレンズと、から構成され、前記プリズムは前記被写体と前記円筒の外周面とが接する部分からの入射光を前記入射面で入射し、前記入射光に対して偏角した出射光を前記出射面から出射し、前記出射面の出射光の光路が前記レンズの光軸と一致することを特徴とする画像入力装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 ローラ型指紋読み取り装置において、ローラ内部の撮像光学系を、プリズムを伴って中心軸から平行にずらして配置することにより、ローラー径を小さくした構造。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT