携帯電子機器

開放特許情報番号
L2012002684
開放特許情報登録日
2012/9/19
最新更新日
2012/9/19

基本情報

出願番号 特願2002-381950
出願日 2002/12/27
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2004-214938
公開日 2004/7/29
登録番号 特許第4096735号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 携帯電子機器
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 携帯電子機器
目的 撮像ユニットを有して自分撮影可能な携帯電子機器において、製品の小型化及び低コスト化を実現させるとともに、撮像ユニットのレンズ部の汚れや損傷を効果的に防止する。
効果 通常の相手撮影時だけでなく自分撮影時も表示画面で被写体を確認しながら撮影を行うことができる。
従来のカメラ付携帯端末装置のように2種類の表示画面を搭載する必要がないので、製品の小型化及び低コスト化を実現させることができる。
撮像ユニットのレンズ部の汚れや損傷を効果的に防止することができる。
技術概要
筐体の一方の面に表示画面が設けられ、内部に撮像ユニットが設けられた電子機器において、前記筐体の前記表示画面と反対側の面に設けられた開口部を、この面に対する略平行移動により開閉する扉部と、前記扉部の移動に連動させて前記撮像ユニットを回動させる扉部連動式回動機構とを設け、前記扉部が閉じているときには、前記撮像ユニットのレンズ部が前記筐体の前記表示画面側から外に向き、前記扉部が開いているときには、前記撮像ユニットのレンズ部が前記筐体の前記開口部から外に向くようにしたことを特徴とする携帯電子機器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 表示画面と撮像ユニットとが搭載された蓋体を有する携帯電子機器において、蓋体の背面側に撮像ユニットの露出/遮蔽を行う扉を設け、扉を閉めている通常状態では撮像ユニットが表示画面側を向き、蓋を開けたときには、蓋の移動に連動して撮像ユニットが回動して、蓋体の背面側に向くようにした。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT