通信端末装置、及びプログラム

開放特許情報番号
L2012002669
開放特許情報登録日
2012/9/19
最新更新日
2012/9/19

基本情報

出願番号 特願2004-088107
出願日 2004/3/24
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2005-278306
公開日 2005/10/6
登録番号 特許第4203658号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 通信端末装置、及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 データ処理装置
目的 利用形態を反映させて、バッテリの残量に応じた制御(残量についての警告、或いは消費電力を抑えるための設定変更)を行うデータ処理装置を提供する。
効果 時間帯別の過去の動作状況を考慮することにより、時間帯別の通信端末装置のユーザーの使い方(利用状況)に合わせて消費電力を抑えるための動作上の設定変更を行わせられるようになる。このため、バッテリの残量に応じた動作内容の制御をより適切に行うことができる。
通信端末装置は利用したいときにより確実に利用できるようになる。このため、ユーザーにとっては通信端末装置をより快適に利用できることとなる。
技術概要
充電可能なバッテリを搭載した携帯可能な通信端末装置において、当該通信端末装置の動作状況を時間帯別に記録する動作状況記録手段と、前記動作状況記録手段が時間帯別に記録した過去の動作状況に応じて、現在の時間帯の前記バッテリの検出残量を設定する検出残量設定手段と、前記バッテリの残量を検出する残量検出手段と、前記検出残量設定手段の設定値と前記残量検出手段の検出値に基づいて、当該通信端末装置の動作内容を制御する動作内容制御手段と、を具備することを特徴とする通信端末装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 通信端末装置の時間帯別に記録した過去の動作状況(通話回数、圏外、基地局)に応じて現在の時間帯のバッテリの検出残量を設定し、この設定値とバッテリ残量の検出値に基づいて通信端末装置の動作内容を制御する。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT