デジタルカメラ及びプログラム

開放特許情報番号
L2012002658
開放特許情報登録日
2012/9/19
最新更新日
2012/9/19

基本情報

出願番号 特願2005-050106
出願日 2005/2/25
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2006-238085
公開日 2006/9/7
登録番号 特許第4710351号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 デジタルカメラ及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 撮像素子を複数備えたデジタルカメラ及びプログラム
目的 より確実な周囲の光源情報を得ることができる、撮像装置、デジタルカメラ及びプログラム、及び、処理速度を遅くすることなく、ブレ状態の確認画像を表示することができるデジタルカメラ及びプログラムの提供する。
効果 デジタルカメラに備えられた2つの撮像素子のうちの一方で被写体の撮影を行う際に他の一方の撮像素子で被写体の拡大画像を撮影してウインドウにスルー表示することができるので、1つの撮像素子で撮影を行って並列処理により拡大画像を画面の一部に表示する場合に比べ速い処理速度で表示できる。また、画像を拡大表示することにより、手ブレがある場合は手ブレ状態が増幅されることから、ブレを検出するセンサなしでブレ状態の確認を行うことができる。
技術概要
正面に前方の被写体像を取り込んで光電変換信号を出力する第1の撮像部を配置し、背面に、後方の被写体像を取り込んで光電変換信号を出力する第2の撮像部と画像表示可能な表示部とを配置したデジタルカメラにおいて、前方の被写体を撮影するとき、背面の撮像素子で背面の被写体を拡大して撮影し、背面に配置されたモニタに前方の被写体をスルー表示するとともに、該モニタのウインドウに拡大された背面被写体画像のスルー画像を表示することにより、手振れ状況を強調して表示することができるようにしたことを特徴とするデジタルカメラ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 正面に第1の撮像部を配置し、背面に第2の撮像部と表示部を配置したデジタルカメラにおいて、前方の被写体を撮影するとき、背面の撮像素子で背面の被写体を拡大して撮影し、背面に配置されたモニタに前方の被写体をスルー表示するとともに、該モニタのウインドウに拡大された背面被写体画像のスルー画像を表示することにより、手振れ状況を強調して表示する。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT