電子カメラおよびプログラム

開放特許情報番号
L2012002639
開放特許情報登録日
2012/9/19
最新更新日
2012/9/19

基本情報

出願番号 特願2004-129217
出願日 2004/4/26
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2005-311925
公開日 2005/11/4
登録番号 特許第4232682号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 電子カメラおよびプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 電子カメラおよびプログラム
目的 通常のカメラあるいは書画情報を撮影する書画カメラとして使用可能である他、書画カメラとして使用する際に、書画情報の撮影状態を慎重にマニュアル調整しなくても、書画情報を常に最適な状態で撮影できると共に、ユーザの意向を確認しながら撮影できるようにする。
また、書画情報を含む領域を書画領域として特定する際に、特別な操作を行うことなしに書画領域の自動特定が可能であると共に、特定された書画情報の撮影状態を慎重にマニュアル調整しなくても、書画情報を常に最適な状態で撮影できるようにする。
効果 書画カメラとして使用する際に、書画情報を常に最適な状態で撮影できると共に、ユーザの意向を確認しながら撮影することができ、撮影者の負担を大幅に軽減し、更には、最適状態で撮影された画像に各種の補正を施す際に、その補正を正確に行うことが可能となる。
モニタ画像内から書画領域を特定する際に、蓋然性の高い書画領域を自動特定することができる。また、蓋然性の高い書画領域を自動特定することができ、自動特定された書画領域を容易に確認することが可能となる。
書画領域を常に適正な位置で撮影することが可能となる。
技術概要
書画情報を撮影する書画撮影モードと任意の被写体を撮影する標準撮影モードとを有する電子カメラであって、前記書画撮影モードにおいて、モニタ画像を解析することによってモニタ画像内に書画情報を含む領域を書画領域として特定する特定手段と、この特定手段によって特定された書画領域がモニタ画面上に識別表示する識別表示手段と、この識別表示手段によって書画領域が識別表示されている状態において、この書画領域が撮影対象として指示された際、この書画領域がモニタ画像の領域に対して所定の状態となるように光学系を駆動制御して書画情報の撮影条件を変更する制御手段と、を具備したことを特徴とする電子カメラ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 (1)書画撮影モードで書画領域を検出した際はその領域を識別表示し、書画化撮影指示で書画化に最適な状態で光学系を撮影駆動。
(2)モニタ画像内で書画領域が特定できない場合は、光学系を駆動制御して書画領域をサーチし、書画領域の特定で、書画化に最適な状態で光学系を駆動制御。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT