撮影装置、撮影装置の撮影制御方法及びプログラム

開放特許情報番号
L2012002637
開放特許情報登録日
2012/9/19
最新更新日
2012/9/19

基本情報

出願番号 特願2004-081755
出願日 2004/3/19
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2005-269461
公開日 2005/9/29
登録番号 特許第4225226号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 撮影装置、撮影装置の撮影制御方法及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 撮影装置、撮影装置の撮影制御方法及びプログラム
目的 所望の撮影対象物の画像を適切に取得することが可能な撮影装置、撮影装置の撮影制御方法及びプログラムを提供する。
効果 所望の撮影対象物の画像を適切に取得することができる。
技術概要
書画台に載置された原稿を前記書画台を含めて撮影する撮影装置において、前記書画台とともに前記原稿を低解像度又は高解像度で撮影する撮影部と、前記撮影部の撮影によって得られた撮影画像に基づいて前記書画台に前記原稿が載置されているか否かを判定し、前記書画台に前記原稿が載置されていると判定した場合、前記撮影部の解像度を高解像度に設定する制御部と、を備え、前記制御部は、前記撮影部の撮影によって得られた撮影画像に、前記原稿によるエッジ部を判別するための第1の判別領域と前記第1の判別領域外の前記書画台によるエッジ部を含むエッジ部を判別するための第2の判別領域とを予め設定し、前記第2の判別領域の画像を覆って前記第1の判別領域に存在するエッジ部の数を計数し、計数した前記第1の判別領域のエッジ部の数が予め設定された第1の閾値未満であり、かつ、前記第1の判別領域の画像を覆って前記第2の判別領域に含まれているエッジ部の数を計数し、計数した前記第2の判別領域のエッジ部の数が予め設定された第2の閾値未満の場合には、前記書画台に前記原稿が載置されていると判定する、ことを特徴とする撮影装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 撮影画像に、原稿のエッジ部を判別するための第1の判別領域と第1の判別領域外の書画台のエッジ部を含むエッジ部を判別するための第2の判別領域とを設定し、第1の判別領域のエッジの数が第1の閾値未満で、且つ第2の判別領域のエッジの数が第2の閾値未満の場合には、書画台に原稿が載置されている(第1の閾値以上で、且つ第2の閾値以上の場合には、書画台に原稿が載置されていない)と判定する撮影装置。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT