リスト装置及びデータ送受信制御方法

開放特許情報番号
L2012002628
開放特許情報登録日
2012/9/19
最新更新日
2012/9/19

基本情報

出願番号 特願2004-243872
出願日 2004/8/24
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2006-064400
公開日 2006/3/9
登録番号 特許第4635516号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 リスト装置及びデータ送受信制御方法
技術分野 情報・通信、生活・文化
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 前競技者用リスト装置及び次競技者用リスト装置と通信するリレー競技者用のリスト装置及びデータ送受信制御方法
目的 駅伝等のリレー競技において、前競技者のもっている計測データを、特別なスイッチ操作を行うことなく確実かつ容易に受信することが可能で、かつ、前競技者と自己の計測データとを加味した累積データを、次競技者に特別なスイッチ操作を行うことなく確実かつ容易に送信することが可能なリスト装置及びデータ送受信制御方法を実現する。
効果 駅伝等のリレー競技において、前競技者のもっている計測データを、特別なスイッチ操作を行うことなく確実かつ容易に受信することが可能で、かつ、前競技者と自己の計測データとを加味した累積データを、次競技者に特別なスイッチ操作を行うことなく確実かつ容易に送信することが可能となる。かつ、前競技者と自己の計測データとを加味した累積データを、次競技者に特別なスイッチ操作を行うことなく確実かつ容易に送信することも可能となる。
区間タイムの合計を計算する必要もなく、容易に累積タイム(総合累積タイム)を知ることができる。
技術概要
連続して計測データを蓄積する前競技者用リスト装置及び連続して計測データを蓄積する次競技者用リスト装置と通信を行う、連続して計測データを蓄積するリレー競技者用のリスト装置において、前競技者用リスト装置と次競技者用リスト装置との間の距離が予め定められている距離内に入ったか否かを検知する検知手段と、この検知手段により前記前競技者用リスト装置との間の距離が予め定められている距離内に入ったと検知された場合に当該前競技者用リスト装置から、連続して蓄積されていた計測データを受信する受信制御手段と、この受信制御手段の制御により前記前競技者用リスト装置から連続して蓄積されていた計測データを受信したあとに、前記検知手段により前記次競技者用リスト装置との間の距離が予め定められている距離内に入ったと検知された場合に当該次競技者用リスト装置へ前記受信制御手段の制御により受信された計測データに、連続して蓄積されていた自己の計測データを加味した累積データを送信する送信制御手段と、を備えることを特徴としているリスト装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 前競技者用のリスト装置との間の距離が所定距離内に入ったら、当該競技者の計測データを受信し、この受信された計測データに自己の計測データを加味した累積データを取得し、この取得された累積データを表示し、かつ、次競技者用のリスト装置に送信するマラソン型のリスト装置。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT