撮影装置及びそのプログラム

開放特許情報番号
L2012002625
開放特許情報登録日
2012/9/19
最新更新日
2012/9/19

基本情報

出願番号 特願2004-011526
出願日 2004/1/20
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2005-210165
公開日 2005/8/4
登録番号 特許第4352236号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 撮影装置及びそのプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 撮影装置及びそのプログラム
目的 ワーキングメモリの容量が少なくても複数の画像データから1つの画像データを生成することができる撮影装置及びそのプログラムを提供する。
効果 ワーキングメモリ(バッファ手段)の記憶容量が少なくても容易に複数の画像データから1つの画像データを生成することができる。
また、バッファメモリの容量が少なくても、ダークフレーム撮影を行うことができ、長い露光時間の撮影に伴う画像データのノイズを無くすことができ、良好な静止画像を撮影することができる。
技術概要
被写体を撮影して画像データを出力する撮影手段と、前記撮影手段により撮影出力された画像データを記憶するものであり、1枚分の画像データよりも大きな容量で、且つ2枚分の画像データよりも小さな容量を有するバッファ手段と、前記バッファ手段に記憶されている画像データを記録する記録手段と、前記撮影手段にて撮影出力された1枚の画像データと他の1枚の画像データの一部分とを前記バッファ手段に記憶させるとともに、前記他の1枚の画像データの残りの部分を前記バッファ手段を介して前記記録手段に記録させる制御手段と、前記バッファ手段に記憶されている前記他の1枚の画像データの一部分と前記バッファ手段に記憶されている前記1枚の画像データの対応する一部分とに基づいて新たな一部分画像データを生成するとともに、前記記録手段に記録されている前記他の1枚の画像データの残り部分と前記バッファ手段に記憶されている前記1枚の画像データの対応する残り部分とに基づいて新たな残り部分画像データを生成し、当該生成した前記一部分画像データと前記残り部分画像データとから新たな1枚の画像データを生成する生成手段と、を備えたことを特徴とする撮影装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 画像バッファメモリが同時に2つの画像データを記憶することができない容量であっても、本撮影による画像データの一部を画像記録メディアに一時的に保管することにより、続くダークフレーム撮影による画像データを画像バッファメモリに記憶することが可能になり、結果として、画像データからダークフレーム画像を減算する処理が少ないバッファメモリ容量で可能になる。なお、画像合成にも応用可能。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT