時刻情報送受信装置、及び、時刻情報送受信用回路

開放特許情報番号
L2012002616
開放特許情報登録日
2012/9/19
最新更新日
2012/9/19

基本情報

出願番号 特願2003-433651
出願日 2003/12/26
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2005-189193
公開日 2005/7/14
登録番号 特許第3903986号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 時刻情報送受信装置、及び、時刻情報送受信用回路
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造、その他
適用製品 時刻情報送受信装置、及び、時刻情報送受信用回路
目的 受信した時刻情報を含む信号の位相と、送信する時刻情報を含む信号との位相のずれを防止する。
効果 時刻情報を含む信号を送受信する時刻情報送受信装置、及び、時刻情報送受信用回路において、受信した時刻情報を含む信号に対して同一の位相、且つ同一の周波数を有する時刻情報を含む信号を送信することができる。
技術概要
現在時刻を計時する計時手段と、第1のアンテナと、この第1のアンテナで受信した受信信号から時刻情報を検出し出力する時刻情報出力手段と、この時刻情報出力手段によって出力された時刻情報に基づいて前記計時手段によって計時されている現在時刻を修正すると共に、この修正した現在時刻から送信用時刻情報を生成する送信時刻生成手段と、前記受信信号と同一周波数の搬送波を前記送信時刻生成手段によって生成された送信用時刻情報で変調することにより前記受信信号と同一周波数の送信用信号を生成する送信用信号生成手段と、
この送信用信号生成手段によって生成された送信用信号の位相を変化させる位相変化手段と、この位相変化手段によって位相変化された送信用信号を送信する第2のアンテナとを備え、前記位相変化手段は、前記送信用信号の位相が前記第2のアンテナによる送信時に前記受信信号の位相に一致するように当該送信用信号の位相を変化させることを特徴とする時刻情報送受信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 中継器等の時刻情報送受信装置において、受信された電波から時刻データを抽出し、送信用タイムコードで受信終了直前に受信された外部電波に基づく信号に位相同期したキャリア信号を振幅変調し、更に、移相器によりフィルタ回路等の位相遅延を補正し、外部電波と位相同期した中継電波を送信するようにした。これにより、受信する外部電波と送信する中継電波との位相のずれを防止することができる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT