撮像装置、発光制御方法

開放特許情報番号
L2012002612
開放特許情報登録日
2012/9/19
最新更新日
2012/9/19

基本情報

出願番号 特願2004-064632
出願日 2004/3/8
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2005-250399
公開日 2005/9/15
登録番号 特許第4415184号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 撮像装置、発光制御方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 ストロボなどの発光部を設けた撮像装置、及び発光制御方法
目的 より使い勝手の良いストロボ発光をさせることが可能な撮像装置、発光制御方法を提供する。
効果 より使い勝手の良いストロボ発光をさせることができる。
技術概要
本体に設けられた光を照射する第1発光手段と、画像を撮像する撮像手段と、前記撮像手段によって撮像された画像を表示するための表示手段と光を照射する第2発光手段とが設けられた表示発光手段と、第1軸と前記第1軸に直行する第2軸とを有し、前記第1軸により前記表示発光手段を前記本体に対して回動可能に結合すると共に、前記第2軸により前記表示発光手段を回動可能にするヒンジ機構と、前記撮像手段により撮像される被写体までの距離を測定する距離測定手段と、前記距離測定手段によって測定された距離が第1の距離以上である場合、前記第1発光手段と前記第2発光手段との両方を駆動可能な状態にする第1の発光規制手段と、前記距離測定手段によって測定された距離が第1の距離未満である場合、前記第1発光手段または前記第2発光手段のいずれか一方を駆動可能な状態にする第2の発光規制手段と、撮影指示に応答して、前記第1発光手段と前記第2発光手段のうちの駆動可能な状態となっているものを発光させて、前記撮像手段に画像を撮像させる撮像制御手段と、を具備したことを特徴とする撮像装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 カメラ本体にストロボを設けるとともに、回動可能なモニタ背面にも別途ストロボを設ける。そして、被写体が近いときにはストロボを1つのみ発光させて撮影し、被写体が遠いときにはストロボ2つとも発光させて撮影するカメラにおいて、撮影指示に応答して、前記第1発光手段と前記第2発光手段のうちの駆動可能な状態となっているものを発光させて撮影を行う。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT