撮像装置、この撮像装置に用いられる音声入力制御方法及びプログラム

開放特許情報番号
L2012002609
開放特許情報登録日
2012/9/19
最新更新日
2012/9/19

基本情報

出願番号 特願2004-098170
出願日 2004/3/30
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2005-286718
公開日 2005/10/13
登録番号 特許第4424035号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 撮像装置、この撮像装置に用いられる音声入力制御方法及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 回転型の撮像部を備えた撮像装置と、この撮像装置に用いられる音声入力制御方法及びプログラム
目的 装置本体の両面にマイクを設置せずとも、上下方向を含め撮像部の向いている方向の集音特性が良好な音声を得ることのできる撮像装置、この撮像装置に用いられる音声入力制御方法及びプログラムを提供する。
効果 装置本体の両面にマイクを設置せずとも、上下方向を含め撮像部の向いている方向の集音特性が良好な音声を得ることができる。
技術概要
画像を表示する表示部を備えた装置本体と撮像部とからなり、前記撮像部は撮影レンズを有して前記装置本体に回転自在に設けられた撮像装置において、前記装置本体における前記表示部の設置面の裏面側に設けられた第1のモノラルマイクと、前記撮像部の前記撮影レンズの設置面側に設けられた第2のモノラルマイクと、前記撮像部の回転位置を検出する回転位置検出手段と、この回転位置検出手段によって検出された前記撮像部の回転位置に基づいて、前記第1および第2のモノラルマイクの音声入力を制御する入力制御手段とを具備したことを特徴とする撮像装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 回転レンズ式カメラで、カメラ本体にステレオマイク、レンズ部にモノラルマイクをもち、自分撮りの際にはモノラルマイクを使用。さらに、どちらもモノラルマイクとして、自分撮り時は回転レンズ部のマイクのみでモノラル録音を、通常撮り時は両モノラルマイクを用いてステレオ録音をする。さらに、回転角度により、双方の音声を適当な比率でミックスする。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT