映像処理装置及び映像処理方法

開放特許情報番号
L2012002576
開放特許情報登録日
2012/9/13
最新更新日
2015/6/29

基本情報

出願番号 特願2012-135641
出願日 2012/6/15
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2014-003357
公開日 2014/1/9
発明の名称 映像処理装置及び映像処理方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 映像処理装置
目的 画像データパケットでの表示方式におけるオブジェクト映像データを提供可能とする。
効果 本発明によれば、画像データパケットの表示方式による合成映像を生成・表示できる。
不要なオブジェクト映像の表示を抑制した合成映像を容易に生成・表示できる。また、複数のオブジェクト映像データにより構成される合成映像データは、高い圧縮率を得ることができる。
さらに、オブジェクト映像データを当初とは異なる位置に変更した合成映像データを生成・表示する場合であっても、容易に生成・表示することが可能となる。
また、本発明は、ステレオカメラや距離計を有するカメラなどに適用可能である。
技術概要
本発明の映像処理装置は、撮像部でオブジェクトを撮像した映像データである撮像画像データを複数に分割する画像データ分割部、分割された画像データごとにIDを有する画像データパケットを生成するパケット生成部、分割された画像データを有する画像データパケットで同一のIDが付与された画像データパケットをまとめて出力することで分割映像データを出力する出力部、を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT