球技用透明ボール

開放特許情報番号
L2012002483
開放特許情報登録日
2012/9/3
最新更新日
2012/9/3

基本情報

出願番号 特願2012-002615
出願日 2012/1/10
出願人 葛山 真司
登録番号 特許第5005119号
特許権者 葛山 真司
発明の名称 球技用透明ボール
技術分野 生活・文化
機能 その他
適用製品 ボールの中心を意識させる球技練習などに好適な球技用透明ボール
目的 ボール中心を外部から視認し易くしつつ、外部からの衝撃に対する表面強度を全面内で均一化することが可能な球技用透明ボールを提供する。
効果 ボール中心を外部から視認し易くしつつ、外部からの衝撃に対する表面強度を全面内で均一化することができる。
技術概要
透明性を有する中空の表層部材と、前記表層部材の内周側空間に収容され、区分けされた複数の室が組み合わされた際に全体として略球状に形成されつつ中心側に球状空間を構成するように形成される、透明性を有する分室構造チューブと、中心近傍に設けられた外部から視認可能な中心体と、を備え、前記中心体は、前記球状空間に封入される彩色された中心球であり、外壁面全周が該分室構造チューブの内壁に接して取り囲まれることで該分室構造チューブにより支持されることを特徴とする球技用透明ボール。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 葛山 真司

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT