ホッパー内で混練した麺生地を切り取り、口金からスクリューで押し出す製麺方法と、10割そばも可能なオールインワン製麺機

開放特許情報番号
L2012002470
開放特許情報登録日
2012/8/27
最新更新日
2012/8/27

基本情報

出願番号 特願2003-172663
出願日 2003/5/14
出願人 株式会社日本キャリア工業
公開番号 特開2004-313165
公開日 2004/11/11
登録番号 特許第4228105号
特許権者 株式会社日本キャリア工業
発明の名称 製麺方法及びその装置
技術分野 機械・加工、食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造、加圧・減圧
適用製品 そば、うどん
目的 単一の装置で麺生地の混練から麺の押し出しまで一貫作業ができる製麺方法と装置を提供することによって製麺作業の効率化を計る。
効果 同一の装置で麺生地を混練し、口金からスクリューで押し出して麺を作ることができるので据付場所も少なく、製麺作業が効率化される。
高圧で押し出されるので10割そばも可能。
技術概要
同筒ホッパー内で縦軸回りに回転する傾斜翼片によって混練された麺生地を、傾斜翼片に形成された刃先で順次切り取って押し出し装置へ押し込みスクリューによって口金から高圧で押し出す製麺方法と装置。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 @本技術は、食肉加工機械の専門メーカーである当社が、挽肉機に使用されているスクリューによる押し出し装置に係わる長年にわたる技術蓄積を活用したものであり、テリトリーが異なるので事業展開のパートナーを求める。
A本技術を使用した製麺機は、商品としてほぼ完成されており、意匠登録済みである。
B本商品は、コンパクトなオールインワン製麺機であって、据付場所も少なく、10割そばも簡単に作れるので、既設の製麺機の更新用として、また、新規事業用、あるいは、レストランなどにおけるメニューの拡充用などとしての需要が見込める。

登録者情報

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 意匠登録第1199551号
関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT