光MSK変調/任意偏移量CPFSKの光サンプリング復調方法

開放特許情報番号
L2012002456
開放特許情報登録日
2012/8/17
最新更新日
2015/10/22

基本情報

出願番号 特願2010-064972
出願日 2010/3/19
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2011-199657
公開日 2011/10/6
登録番号 特許第5522572号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 光MSK変調/任意偏移量CPFSKの光サンプリング復調方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 光MSK変調/任意偏移量CPFSKの光サンプリング復調方法
目的 遅延干渉計を用いない光位相連続周波数変調(CPFSK)信号の復調装置を提供する。
効果 遅延干渉計を用いずに光位相連続周波数変調(CPFSK)信号を復調することができる。
光情報通信の分野で利用されうる。
技術概要
本発明の第1の側面は,光位相連続周波数変調(CPFSK)信号を復調するための光サンプリング復調装置に関する。この復調装置は,局部発振光を出力する局部発振光源11と、光90°ハイブリッドカプラ12と、第1及び第2のバランスド検波部13,14と,サンプリング部15と,位相推測部16と,検出部17とを有する。そして,サンプリング部15は,光位相連続周波数変調(CPFSK)信号のビット中心となるタイミング又はビット中心から所定時間ずれた時間においてでサンプリングを行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT