対話装置、対話方法、およびプログラム

開放特許情報番号
L2012002436
開放特許情報登録日
2012/8/17
最新更新日
2015/10/22

基本情報

出願番号 特願2010-119950
出願日 2010/5/26
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2011-248549
公開日 2011/12/8
登録番号 特許第5488200号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 対話装置、対話方法、およびプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 対話装置
目的 ユーザの意思決定を支援できる対話装置がなかった。
効果 ユーザとの対話の進行に応じて、ユーザの知識と嗜好とに関する情報を動的に変更しながら対話を行うことにより、ユーザの意思決定を適切に支援できる。
技術概要
スポットと1以上の決定要因と各決定要因の評価値とを有するスポット情報を2以上格納している知識ベースと、出力する文の文パターン情報と評価情報とを有する2以上の情報推薦手法を格納しており、決定要因に対するユーザの嗜好ベクトルと決定要因に対するユーザの知識ベクトルとを有するユーザ状態情報を格納しており、ユーザから文を受け付ける受付部と、ユーザ状態情報を2以上の各情報推薦手法の評価情報に適用し2以上のスコアを算出するスコア算出部と、スコアが最大の一の情報推薦手法が有する文パターン情報から文を構成する文構成部と、文を出力する文出力部と、受け付けた文や出力文から1以上の決定要因を取得し、ユーザ状態情報を更新するユーザ状態情報更新部とを具備する対話装置により、ユーザの意思決定を支援できる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT