基地局装置、無線通信システムおよび無線通信方法

開放特許情報番号
L2012002434
開放特許情報登録日
2012/8/17
最新更新日
2015/10/22

基本情報

出願番号 特願2010-127087
出願日 2010/6/2
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2011-254319
公開日 2011/12/15
登録番号 特許第5493087号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 基地局装置、無線通信システムおよび無線通信方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 基地局装置およびそれを備えた無線通信システム、無線通信方法
目的 無線通信ネットワークにおいて、相互に干渉範囲内にあり、かつ同一周波数チャネル上で動作する基地局装置が複数存在する環境において、QoS制御を実現するチャネルアクセス制御を行うことが可能な基地局装置を提供する。
効果 隣接セル間での相互干渉信号が存在する場合でもQoS制御の確実性が向上する。
技術概要
アクセスポイント装置AP1,AP2間の排他的通信制御では、個別のポーリングによるチャンネル利用通信の確保、および排他的通信制御範囲の最適化を目的とし、アクセスポイント装置AP1とこれと通信する端末装置STA1の通信距離が短い場合は、アクセスポイント装置間の排他的制御範囲を短くし、アクセスポイント装置AP1とこれと通信する端末装置STA1の通信距離が長い場合は、アクセスポイント装置間の排他的制御範囲を長くするような制御が行われる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT