コグニティブ無線通信システム及び方法

開放特許情報番号
L2012002428
開放特許情報登録日
2012/8/17
最新更新日
2015/10/22

基本情報

出願番号 特願2010-140921
出願日 2010/6/21
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2012-005068
公開日 2012/1/5
登録番号 特許第5586051号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 コグニティブ無線通信システム及び方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 コグニティブ無線通信システム及び方法
目的 特にセカンダリシステムにおけるデバイスが、位置情報の取得やチャネル情報の取得ができないものであっても、円滑なコグニティブ無線通信を実現する。
効果 セカンダリシステムにおける第2のデバイスが位置情報の取得やチャネル情報の取得ができないものであっても、最初にアンダーレイ通信において、第1のデバイスからこれら各種情報を取得することが可能となり、さらにクライアント−マスターの関係の下で、第2のデバイスは、第1のデバイスによる制御に基づいて他のデバイスとの間でコグニティブ通信を行うことが可能となる。即ち、セカンダリシステムにおける第1のデバイスが位置情報の取得やチャネル情報の取得ができないものであっても、円滑なコグニティブ無線通信を実現することが可能となる。
技術概要
セカンダリシステムにおける第2のデバイス21が、位置情報の取得やチャネル情報の取得ができないものであっても、最初にアンダーレイ通信において、第1のデバイス11からこれら各種情報を取得し、さらに通信許可通知を受けた場合に第2のデバイス21は、第1のデバイス11による制御に基づいて他のデバイスとの間でコグニティブ通信を行う。このとき第2のデバイス21が複数の無線インターフェースを持つ場合には、高いパワーを以って通信を開始するようにしてもよい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT